Professor

井口信和

近畿大学

理工学部 情報学科 教授
情報ネットワーク応用/ネットワーク運用管理支援システム開発

AIロボットをパートナーにした
学習システムが教育現場を変える!

高度なスキルを持つ
ネットワーク技術者を育成

 インターネットは、現代社会を支える重要なインフラ。そのメンテナンスなどを裏方で受け持つのがネットワーク技術者である。複雑なネットワークを誰もが簡単に使えるようにするため、技術者には高いスキルが求められる。

 近畿大学理工学部情報学科の井口信和教授はこう指摘する。

「優れた技術者が、日本では圧倒的に不足しています。情報技術関連ではAIに注目が集まりがちですが、そのインフラとなるネットワーク技術をなおざりにすると、日本の将来に影響しかねません」

 ただし、ネットワーク技術を学ぶのは、簡単なことではない。実践的に学ぼうとするなら、小規模でも実際にネットワークを構築するのが望ましい。その上で、通信トラブルなど各種ネットワーク障害や、ハッキング対応などセキュリティ関連の訓練を行う。

 とはいえ、リアルにネットワークを構築するには、専用の機器などを揃える必要があり費用がかかる。現実的に学ぶには外部ネットワークとの接続も必要だが、その場合はセキュリティ上のリスクが発生する。そこで井口教授は、学生個人のパソコンの中に仮想的にネットワークを構築し、シミュレーションを繰り返しながら学べるシステムを開発した。

AI を搭載したロボット「Sota」とネットワークの構築演習を行う。ロボットに質問でき、ロボットが質問することもある

ネットワークの中に入り込み
瞬時に世界中を駆け巡る!?

AIを使った協調学習が
学びの効果を高める

「あくまでも仮想ネットワークなので、規模の設定なども自由自在です。意図的にネットワークに攻撃を仕掛けて、防御法を練習することもできます。仮想とはいえリアルにつくり込んであるので、ハッキング演習のときなど学生はかなり怖い思いをするようです」

 学びの効果を高めるために導入されたのが、上級者と初級者が2人1組で学ぶ「協調学習」だ。上級者は相手にわかりやすく教えることで自分の理解が深まり、初級者は同じ学生が相手なので気軽に学べる。さらに、井口教授は、AIロボット「Sota(ヴィストン社製)」をパートナーとして起用し協調学習を進化させた。

「学生がパートナーなら2人揃わないと学習できなかったり、2人の習熟度の違いによっては協調学習が狙い通りの成果を出せなかったりするケースもあります。ところが相手がAIロボットなら、一人ひとりのレベルに合わせたきめ細かなサポートも可能です」

 例えば、学生が問題を見ながらコマンドを打ち込むと、それをSotaが判断して、学生に意図を質問する。上級生の代わりにSotaが学生をリードする学習スタイルだ。Sotaはクラウド上に構築されたAIシステムにより学生に的確に対応する。

「ときにはSotaがわざと間違った内容を学生に伝えて、その間違いに学生が気づくかどうか試したりもします。ここまでレベルの高い対応ができるのは、ヴィストン社のクラウドシステムによりSota自身もディープラーニングを活用しているからです」

距離と時間の概念を覆した
インターネットの内部へ

 日本におけるインターネットが今ほど普及していない頃からネットワーク研究に関わってきた井口教授は、途方もない夢を持っている。その夢とは、距離と時間の概念を完全に覆したインターネットの内部を、自らの五感で確かめることだ。

「例えば、日本国内の相手に送ったメールでも、パケットデータは世界を駆け巡っている可能性があります。隣の研究室にいる学生に送ったメールが、アメリカを経由して届いていたりする。その経路をパケットに自分が仮想的に乗っかって見てまわりたい。世界中を瞬時に移動する旅を実現したいのです」

 途方もないアイデアを「そんな馬鹿なこと、できるわけがない」と切り捨てないのが、大学のいいところだと井口教授は強調する。

「文系理系など関係なく、自分の思いつきを大切にしてほしい。とんでもないアイデアこそが、優れた発明につながるのです。近畿大学には、突飛もないアイデアを“おもろいやん!”と言ってくれる先生が数多くいます。ぜひ、面白いアイデアを持って大学に進んでください」

この「ホロレンズ」をつけると、MR(Mixed Reality)により、例えば遠くにあるサーバーを手元のパソコンで遠隔操作できる

作業者と確認者により入力コマンドのダブルチェックを行うネットワーク運用管理支援システム

産学連携によるプログラミング教育にも積極的に取り組んでいる

近畿大学

医学から芸術まであらゆる分野を網羅する日本屈指の総合大学

近畿大学は14学部を擁する、医学から芸術まで多様な学問分野をそろえた総合大学であると共に、大学院、通信教育部、医学部病院、研究所の他、二つの短期大学、高等専門学校、看護専門学校、高等学校、中学校、小学校、幼稚園を擁する一大教育機関です。学園全体の学生数は53,000人を超えています。

東大阪キャンパスに「ACADEMIC THEATER」がオープン!

2017年4月、東大阪キャンパスに「ACADEMIC THEATER」がオープンしました。スマホで予約できる24時間利用可能な自習室や、マンガ2万2千冊を含む全く新しいコンセプトの図書スペースが併設されています。アカデミックシアターは、文系・理系の垣根を越えて社会問題を解決に導く拠点として、実学教育の発信の場となっています。

学部学科

■ 法学部 ■ 経済学部 ■ 経営学部 ■ 建築学部 ■ 薬学部 ■ 文芸学部 ■ 総合社会学部 ■ 国際学部 ■ 農学部 ■ 医学部 ■ 短期大学部 ■ 理工学部: 理学科/生命科学科/応用化学科/機械工学科/電気電子工学科/情報学科/社会環境工学科 ■ 生物理工学部: 生物工学科/食品安全工学科/遺伝子工学科/生命情報工学科/人間環境デザイン工学科/医用工学科 ■ 工学部:化学生命工学科/機械工学科/情報学科/建築学科/電子情報工学科/ロボティクス学科 ■ 産業理工学部:生物環境化学科/電気電子工学科/建築・デザイン学科/情報学科/経営ビジネス学科

主な就職実績(理工学部情報学科)

東日本旅客鉄道、関西電力、大和ハウス工業、本田技研工業、ダイキン工業、サイバーエージェント、ダイワボウ情報システム、富士通エフサス、ワークスアプリケーションズ、内田洋行、綜合警備保障、近畿大学大学院 ほか

お問い合わせ先

〒577-8502 大阪府東大阪市小若江3-4-1
入学センター TEL:06-6730-1124